アセットレビュー: Layer Manager Yae

ryuichimatsuse@twitterさんが販売している
「Layer Manager Yae」を触ってみました。

LayerManagerYae

2015/08/02現在:
ストア販売ページ
販売価格:10$
RYUICHIMATSUSE.COM

UnityEditor内で
オブジェクトのレイヤーのソート順や
カメラ・UICanvasのSortingLayer順がEditorWindow内に
スタイリッシュ(重要!)に表示されるアセットです。

↓例えば以下のような実行中画面であれば↓
実行中画面

↓下記の赤枠のようにDockWindowに各情報が表示されます↓
YAEウィンドウ

これは各オブジェクトに設定したレイヤーの描画順であったり
SortingLayerとして設定したLayer情報の描画順です。
「各オブジェクトのInspectorを確認せずとも全体のオーダーが知りたい」という場合には
非常に手軽でわかりやすいアセットだと思います。

2~3枚のSorgingLayerを自分で作った という状況ではあまりピンと来ないかもしれませんが

・複数人がSortingLayerをそれぞれ追加する場合
・いくつかのインポートアセットがSortingLayerを使っており
既存のSortingLayerと衝突する場合
等は各レイヤーの把握と、レイヤー変更方針の検討をするのに重宝するかと思いました。

以上、簡単ですが「Layer Manager Yae」を使ってみた感想です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP